女性

魅惑の補正下着をGETしましょう|口コミの確認を忘れずに

身体の芯からあたためる

ハンド

あたためる効果

体温が低いと体に悪影響を及ぼすというのは良く知られた話ですが、直接的にあっためるより遠赤外線によってあたためる方が効果的だと言われます。なぜなら、熱伝導率の高い遠赤外線はすぐに表面温度を上昇させ、温度差を生じさせることなくあたためられるからです。しかし身体の芯まであったまる、という触れ込みがありますが、それは真実ではないようです。熱伝導率の高さからすぐに人体の肌に熱が伝わり、その表面温度上昇がそのような感覚を生み出したと言われています。表面温度をすぐに上昇させるということは、目などの器官を晒してしまうと危険です。遠赤外線ヒーターなどを使う際はペットに気を付ける必要があります。温熱効果は十分すぎるほどのものがありますので、その部分は気を付けて使用しなければなりません。

なぜあたたまるのか

遠赤外線は何よりも速熱性と均熱性に優れていて使いやすく、省エネルギー、使用するための機械のCO2の排出量が少ないというのがとても健康に良く思えます。天文学者ハーシェルが太陽光線の中に物をあたためる部分があるという発見し、その目に見えない光線の赤外線の一種で近赤外線でない方を遠赤外線と呼んでいますが、絶対零度でない限り、すべての物質は遠赤外線を放射していて、その温度が高いものほど放射量が多いそうです。遠赤外線をよく放射する物質は、同時に遠赤外線をよく吸収する物質だと言えます。水、木、ゴム、人工セラミックスなどがあげられ、しっかり吸収されたのちに構成分子である分子の活動を活発にすることで温度上昇を招いていくのです。